新潟のおいしいお米ランキング

新潟県以外のおいしいお米・2013年食味ランキング特A銘柄獲得米

新潟県以外のおいしいお米・2013年食味ランキング特A銘柄獲得米はこれ!

 新潟県魚沼産コシヒカリだけじゃない!
日本全国のお米の産地で、おいしいと評価されるお米が続々と登場しています。

 

新潟県以外のおいしいお米

おいしいお米の食味ランキングで最高ランクの「特A銘柄」、2013年は38銘柄が指定されました。
新潟県魚沼産コシヒカリに続けとばかり、おいしいお米・売れるお米作りに力を入れる産地が増えています。

 

以前は特A銘柄といえば、東北や新潟・北陸のお米がランクイン常連でしたが、最近ではそうした勢力図を塗り替えるような勢いで、
関東・関西・四国・九州産のお米が特A銘柄を獲得しています。

 

2013年を見ると、初めて特A銘柄に輝いたのは、
・鳥取県産「きぬむすめ」
・香川県産「おいでまい」
・鹿児島県・県北産「あきほなみ」
の3銘柄で、特A銘柄を持つ米の産地が過去最多の24都道府県になりました。

 

2013年おいしいお米・特A銘柄に輝いたお米と産地

北海道
秋田(県南)
宮城
山形
福島(中通)
千葉
新潟(魚沼)
兵庫
鳥取
香川
佐賀
熊本
鹿児島(県北)

ゆめびりか
あきたこまち
つや姫
つや姫
ひとめぼれ
コシヒカリ
コシヒカリ
コシヒカリ
きぬむすめ
おいでまい
コシヒカリ
森のくまさん
あきほなみ

 

特A銘柄が増えた要因として、米の生育に必要な天候に恵まれたことや、各産地が新品種の開発や栽培技術の向上に努めており、
こうした好要因が重なって、多くの特A銘柄輩出につながったといわれています。

 

特に、西日本勢の躍進はとても評価されています。
以前は温暖化による高温障害がネックだったのですが、猛暑でも味や品質が落ちにくい米の品種改良が進み、
おいしいお米が次々に生まれています。

 

2018年度には減反廃止(生産調整)が実施されることとなり、そうなるとおいしいお米・売れるお米作りの競争はますますヒートアップする!?
私たち消費者にとっては、特A銘柄のブランド看板を掲げた、おいしいお米が増えることは喜ばしい限りです♪
コメ離れが進む昨今、量より質重視のおいしいお米がたくさん出回るようになれば、世界文化遺産に指定された「和食」への回帰や、
海外での日本食ブームもさらに続き拡大しそうな気がします。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ