新潟のおいしいお米ランキング

新潟の米がおいしい理由

新潟の米・コシヒカリがおいしいい理由は水と土にあった!

 新潟のおいしい米の代名詞・コシヒカリは、新潟県内のいくつかの産地で収穫されています。

新潟の米がおいしい理由

県北地域の岩船や黒川、佐渡や上越、それぞれがコシヒカリの一大産地です。
魚沼産コシヒカリ以外でも、新潟で採れるコシヒカリはどれもとってもおいしいんですよ!
新潟のように寒い地方でもおいしいコシヒカリになるよう、県ぐるみでコシヒカリの品種改良を重ねてきた成果が今、表れているんです。

 

新潟産コシヒカリの中でも、魚沼産コシヒカリの人気は特に県外では群を抜いていて、おいしい〜と大評判です。
それもそのはず、魚沼地方ではおいしいコシヒカリが育つ秘密があったんです!

 

魚沼は土壌の条件がいい

魚沼地方の土は、「粘土が少し混じった植壌土から粘土質の埴土」、しかも米作りにはとても状態で安定しています。
まさにコシヒカリの生育に適している土です。
コシヒカリ作りに適さない土が混ざっているところは、土壌改良を施し、良質の土壌にしています。

 

魚沼は地勢が理想的

魚沼産コシヒカリが採れる魚沼地方は、標高250mほどで地理的にもコシヒカリ作りの条件に合っています。
コシヒカリの生育に適している土地はある程度高さが必要で、標高150m以上350m以下が良いとされているので、魚沼はまさにぴったり。

 

魚沼は気温が適している

コシヒカリ作りに必要な条件として、気温も含まれています。
昼夜の寒暖差が10度あるのが理想的、とされていますが、魚沼産コシヒカリが採れる魚沼地方は山間部で、
稲が青々と育つ真夏のころ、昼は30℃以上と暑くなっても、夜になると25℃以下に下がり、とても涼しくなります。
お米は夜、涼しい所でゆっくり休ませると美味しくなるんですよ。
昼夜の温度差が大きいという特長を持つ地域が、魚沼なんです。

 

雪解け水が清らか

魚沼地方は山間部にあり、冬場の積雪は多い年でトータル5メートル近くにもなります。
人が分け入ることなく山深いところでは、雪がしんしんと降り積もり、春には清らかな雪解け水となって田畑に恵みを与えます。
おいしい米作りにはやはり、水が大切。
魚沼に限らず、新潟県内のコシヒカリの産地は豊富でキレイな雪解け水のおかげで、おいしいお米ができるんですよ〜

 

新潟のおいしいお米を買うなら、新潟の米専門店「新潟ケンベイ・いなほんぽ」がおすすめです↓↓↓


 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ