新潟のおいしいお米ランキング

新潟コシヒカリの賞味期限について・新潟米専門店いなほんぽさんに聞いてみました

新潟コシヒカリの賞味期限について・新潟米専門店いなほんぽさんに聞いてみました

 お米の賞味期限って、どれくらいかご存知ですか?
そういえば、お米のパッケージには「賞味期限は○月○日」という記載がないですよね?

 

新潟コシヒカリの賞味期限について・新潟米専門店いなほんぽさんに聞いてみました

お米は日持ちする食べ物ではありますが、何を基準に賞味期限って決まっているの?
ふと疑問に思った私は、新潟米専門店いなほんぽさんへ、メールで問い合わせしてみました。

 

いなほんぽさんによると、
「お米は果物や野菜などと同じ農作物ですので、賞味期限・消費期限自体ない」
ということです。

 

各家庭によって、お米の保存場所や保存状況によっても、
長く保存できるのか、また早めに食べきるべきか、ということが違ってきます。

 

ただいなほんぽさんでは、以下のような「お米の賞味期限」に関する内部ルールがあるそうです。

 

【ビニール袋に入った普通のお米】
 いなほんぽさんでは、精米日から10日以内のお米を発送するようにしています。
 おいしく新潟のコシヒカリを食べていただく期間は、
 夏場は精米日から1ヶ月ぐらい、冬場は2ヵ月ぐらいをめどに推奨しています。

 

またいなほんぽさんでは、真空パックのお米も販売しています。

 

【真空パックのお米】
 いなほんぽさんでは、、精米日から6ヵ月以内のお米を発送するようにしています。
実際はより日付の新しい、新鮮なお米を発送しています。
おいしく食べていただく期間は、未開封で10ヵ月ぐらいまでを推奨しており、
真空パックは、ビニール袋に入ったお米よりは、長く日持ちすることがわかりました。

 

スーパーなどでは、精米してからかなり日にちが経ったお米が売られていることもあり、
ちょっとがっかりすることも…

 

しかし!いなほんぽさんでは、出来るだけ新しいお米をお届けできるように、
米の新鮮さにもこだわっています。

 

もちろん、賞味期限はあくまでおいしく食べるための目安であり、
記載の期間を過ぎたら、食べられないという訳ではありません。

 

高温多湿のところや光の当たる場所に米を置いたりせず、
冷暗所などに置き保存状態が良ければ、1年以上前の精米日のお米でも美味しくたべられることもあります。
お米の賞味期限は、あくまで目安程度に考えるとよいでしょう。

 

新潟米専門店いなほんぽの新潟ケンベイ・公式通販サイトはこちら↓↓↓

 


ホーム RSS購読 サイトマップ